健康や加齢への配慮

老後に備えたリフォーム

段差や寒暖差による事故を防ぐためにあらかじめの安心リフォームがおすすめです。自宅で長く健康に暮らしましょう。

安心の6つのポイント

  • スロープをつけることで段差解消 スロープをつけることで段差解消

    移動をより快適にするためのスロープ。車イスになっても出入りがスムーズに。

  • 手すりは握りやすく温かみのあるものを 手すりは握りやすく温かみのあるものを

    誰にでもあるヒヤリ。ちょっとつかまるところがあれば安心。いろんなところに設置できます。

  • 引き戸にして負担軽減、間口も広々 引き戸にして負担軽減、間口も広々

    開きドアから引き戸にすると間口が広がり、開閉も楽々。開きドアの衝突事故も防げます。

  • フットライトで足元を安全に照らします フットライトで足元を安全に照らします

    階段の昇降部にフットライトを設置。夜でも足元をしっかり照らしてつまづきを防止。センサー機能で人が段差に近づくと自動で点灯します。

  • 浴室暖房乾燥機で温度のバリアフリー 浴室暖房乾燥機で温度のバリアフリー

    浴室に入る前に暖めておくと温度差もなく安心して快適に入浴できます。

  • 便利なホームエレベーター 便利なホームエレベーター

    2階への移動や荷物が楽に運べます。

快適な睡眠環境のススメ

歳を重ねると、睡眠が浅くなったり、トイレが近くなったりと睡眠にストレスを感じる方も多くいらっしゃいます。大切な休息の時間を、より充実したものにするためのポイントをご紹介します。

  • 安眠のための5つのポイント
  • 内窓で外部の音をシャットアウト 内窓で外部の音をシャットアウト

    窓を二重にし、気密性が向上することにより
    外から入る音を低減します。
    遮音だけでなく断熱性もUPします。

  • 光の量を調節してスムーズに入眠 光の量を調節してスムーズに入眠

    睡眠前は部屋の明るさを落としましょう。
    蛍光灯よりも温かみのある白熱灯がオススメです。
    照明は直接目に当たらないように間接照明の方が
    よりリラックスできます。

  • 内装材で自然と調湿 内装材で自然と調湿

    寝室の理想的な湿度は50%前後。
    エアコンや加湿器だけでなく、内装材でも調湿効果が得られます。エコカラットや珪藻土・無垢の木材など自然と室内の空気を快適にしてくれます。

  • 寝室は落ち着いた色合いに 寝室は落ち着いた色合いに

    眠る前に気持ちを落ち着かせるために、寝室の
    壁や寝具は青・茶・緑などのアースカラーが
    オススメです。また何色もの色で満たされていると
    落ち着かないため、色の種類は少なめにしましょう。

  • お互いがノンストレスで眠れる空間の工夫 お互いがノンストレスで眠れる空間の工夫

    睡眠が浅くなると、パートナーがトイレに立つときのわずかな明かりやイビキなどで眠りを妨げられそのまま眠れなくなってしまうことも。
    寝室に適度な間仕切りを設けたり、思い切って別々の寝室にするなど、ご夫婦ごとのお悩みに合せた提案を致します。



グランディリフォーム株式会社

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1丁目4番22号 MSC第2ビル 2階
028-650-7770

栃木、宇都宮、茨城、群馬、千葉でのリフォームはグランディリフォームへお気軽にご相談ください。

対応エリア

栃木県全域、茨城県全域、
群馬県全域、千葉県全域

採用情報/Recruit グランディリフォーム採用情報はこちら
TOPへ戻る